受けてしまったらどうする

SEOのペナルティを受けたらサイトを修正し、必要であれば再審査リクエストを申請します。

 

まずは原因を特定する事から始めます。
外部リンク対策を行なっているサイトであれば、被リンクと相互リンクを調べます。
被リンクはウェブ上のチェッカーツールを使う事で、リンクを把握する事が出来ます。
確認するだけではなく、スパムと見なされる、または見なされそうなリンクを外します。
相互リンクも同じように相手方のサイトを確認し、不必要なリンクは外す必要があります。
有効なリンクの見分け方は、サイト同士の関連性の濃さ、権威のあるサイトかどうか、無料リンク集のような安易に獲得出来るリンクであるかどうかなどです。
関連性は強いほうが良く、権威のあるサイト(上位サイト)からのリンクは有益です。
逆に簡単に手に入れられる被リンクはペナルティとなりやすく、外す対象となります。
リンクを外す事が不可能な場合、リンク否認ツールがあるのでそちらを活用します。
一通り作業が終わったら様子見または再審査を受けてパスしたらSEOのペナルティは解除されます。

 

リンクには問題がないと考えられる場合、コンテンツの重複や非健全なテキスト・画像を確認します。
コンテンツの重複とは、似たようなコンテンツがそのサイトの他に存在する事から起こる現象です。
よってコンテンツのテキストの一部を検索する、または重複確認のツールなどで他のサイトを調べます。
重複が確認され、自分が後に作成していた場合、テキストやその他の画像・イラストなどを修正します。
自分があからさまにコピペしていた場合も同じです。
修正したら様子見または再審査を申請し、問題が無ければ検索順位は適正な位置に戻ります。

 

非健全なテキストや画像については管理人自身が目視可能な為、疑わしいものは修正または削除します。
その後、様子を見るまたは申請して問題が無ければ修正は終了です。

 

SEOのペナルティは、そのままにしておくと、サイトにとって大きな機会損失となります。
検索順位やアクセスが急に減少したら、ペナルティを疑ってリンクやコンテンツを見直すとよいでしょう。
日頃から検索エンジンの動向を確認しておく事も重要です。


トップページ ペナルティって何が 受けてしまったらどうする 理由ってすぐわかるものなの? ペナルティの解除ってできるもの? 知らないと後が大変に